ふるさと納税には、年収に応じて控除額の上限(限度額)があります。

たとえば、年収600万円のサラリーマンで、奥さんが配偶者控除を受けている夫婦2人世帯の場合、寄附金額の目安は68,000円程度です(世帯の状況によって少しの上下はあります)。

これは、年収が600万円の場合、控除額が66,000円と決められているので、
・68,000円の寄付なら負担は2,000円
・68,000円以上寄付しても控除額は同じないので、負担が2,000円より多くなる
という仕組みだからです。

この図をごらんください。

 

下側の「支払い」が68,000円になるまでは、上側の「控除」が「支払いマイナス2,000円」として増えていきます。

ところが、控除額が66,000円になった後は、下の「支払い」の金額だけが増えて行くので税控除のメリットがなくなるというわけです。

もっとも、寄付に対する返礼品はバッチリもらえますよ。

 

やわらかい土佐和牛(高知県芸西村)寄付額1万円

やわらかい土佐和牛(高知県芸西村)寄付額1万円

© 2018 ふるさと納税 rss